OKINAWA

イナムドゥチ

c0162242_16424429.jpg

甘みのある白味噌仕立てのお汁。具は豚肉にカマボコ・シイタケ・揚げ豆腐あたりが基本なのかな、たぶん。沖縄風豚汁といえば伝わりやすいでしょうか。イナムルチともいいます。ちなみに自分は舌が回らず“イナムドゥチ”と言えません。「イナムドゥチ」と発音しようとすると「イナムドチ」もしくは「イナムデュチ」もしくは「イナムヅチ」となってしまうので、発音する際は「イナムルチ」で通しています。
それから、どうでも良い話かもしれませんが沖縄の人は「ドゥ」の発音がうまいのです。この話はまた次の機会に。
この不思議な名前の由来は“猪モドキ”から来ているそうで、昔はイノシシの肉を使っていたそうですがいつの間にか豚肉で代用するようになり、イノシシ=イナ、モドキ=ムドゥチ、でイナムドゥチ。となったようですね。
めでたい席などで出される事が多いです。だからなのかどこか上品な感じ。
もともとは宮廷料理だったのかな…たぶん。起源は中国でしょう…たぶん。それが最終的には一般家庭にも広まっていった…たぶん、と勝手に解釈していますが(笑)無責任ですみません〜機会があれば調べておきます。
実は自分、この甘みがある感じがあまり得意ではないのですが、ここ『あかぎ庵』のはとても美味しいと思いました。ここのお店の料理は化学調味料を一切使わないで調理しているようで、付け合わせの小鉢類もどれも優しい味。特に女性には嬉しいかもしれませんね。他のメニューも美味しいと思いますよ。
そしてお店は沖縄市にあります。基地の存在など感じさせない、気持ちのよい木立に囲まれた何だか素敵な佇まいのお店なのでありました。
[PR]
by shibu-okinawa | 2009-12-03 16:43