OKINAWA

<   2009年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

漁港近くの海産物食堂

c0162242_14481793.jpg

那覇市の安謝のほうにある食堂へ行ってきました。
沖縄の魚はあまり美味しくない(とくに刺身)という話もよく耳にしたりしますが、そんなことはないと思います。やっぱり新鮮な魚はどこで食べても美味しいのではないでしょうか。
沖縄の海産物料理といえば刺身・魚汁・マース煮・バター焼きなどいろいろありますが、イカスミ汁というのもなかなかのものです。
c0162242_14483083.jpg

この見た目に怯む人も少なからずいるとは思いますが、食べてみるとクセになる人も多いのではないでしょうか。栄養価が高い料理として昔から食されて来たようです。
東京などで食べる沖縄の郷土料理というとチャンプルー類などの炒めものや豚肉料理、海ブドウやモズクなどの海草類が目立ちますが、このように新鮮な食材を調理する地元の海産物店であれば魚介料理もよいものです。
やっぱり海に囲まれた島ですからね。
[PR]
by shibu-okinawa | 2009-07-27 14:48

沖縄で日食

一昨日の午前11時頃、沖縄本島中部。所々やや雲が残りつつもなんとか晴れといってしまってもよいくらいの天気。ちょうど沖縄に戻っていたので、中城城跡まで出かけて日食を観てきました。たまに薄い雲が通過してちょうど良いフィルターになって肉眼でもしっかり観察できました。
c0162242_1052865.jpg

特にこの写真の時間帯はそれまで鳴いていた蝉も静かになって、何となく吹いている風まで変わったような気がして、空気全体が異質になったような、そんな不思議な感覚がありました。
皆既日食と部分日食では全然違うと言いますね。いつか皆既日食というものを実際に観てみたいものです。

ところでさっき気付いたのですが、このブログを始めてから本日でちょうど一周年を迎えることになりました。早いものです。自分の中でとりあえず一年くらいという何となくの期間限定で始めてみたのですが、明日からも引き続き変わることなく不定期的にゆるゆると続けて行きたいと思ってます。最近は更新回数も減少傾向にあるのですが、そんな時は仕事やなにやらで忙しくしているものと大目に見てやって下さい。今後ともご贔屓に、よろしくお願い致します。
[PR]
by shibu-okinawa | 2009-07-24 10:52

本日の看板

c0162242_1501743.jpg

特売!!安い!!じゃがいも…

じゃなくてスイカ。

リサイクル。
無駄にしないこと。
大切なことです。
[PR]
by shibu-okinawa | 2009-07-09 15:00

お土産はジミーのケーキ

c0162242_1047771.jpg

戦後米軍基地内のベーカリーからフェンスの外へ。ジミーズ・ベーカリーというパン屋からスタートした(らしい)沖縄を代表する老舗スーパーマーケット。
初代社長が基地の中のベーカリーで覚えたパンやケーキの味を基地の外に持ち出して県民にアメリカの味を普及させたわけです。この初代社長が米兵から呼ばれていた渾名が“ジミー”
現在でも品揃えの多くはアメリカン。日用雑貨から食料品まで店内はアメリカの香りがします。県内に何店舗かありますが、国道58号線沿い大山にあるのが1号店。ジミーで買い物しているのは地元のお客さんがほとんどだと思います。
レストランも併設されています。ビュッフェ(沖縄流に言うとバフェ)などもあって、もう那覇のレストランや食堂は飽きたという旅行客の方には、たまにはジミーで食事というのも新鮮でいいかもしれませんね。

そして、知人が沖縄を訪ねてくると、ほぼ必ずと言っていいくらい聞かれるのがお土産のこと。沖縄と言えば“ちんすこう”や“タンナファクルー”新しめのだと“紅芋タルト”などなどたくさんのお菓子があって迷ってしまいますが、時には少し趣向を変えてジミーのアメリカンなお菓子なども良いのではないでしょうか。
帰ってすぐに食べることができるならやっぱり“アップルパイ”かな。
日持ちが気になるなら、フレーバーも何種類かあって楽しめる“パウンドケーキ”や“マフィン”。“スーパークッキー”なんかも良いと思いますよ。
最近では、わしたショップなど内地でも沖縄のお菓子を購入できるようになってきていますが、このジミーのケーキやお菓子は内地では買えなかったと思います。なので内地に住んでいる沖縄県出身者の方々は、知人が沖縄に帰省したりするとジミーのアップルパイお土産に買ってこさせるというような話も聞いた事があります。戦後の沖縄県民の舌に深く記憶されている味なのでしょう。純沖縄のものでないこういうアメリカ寄りのお菓子が故郷の味のひとつになっているというのも何だか不思議な感じがしますが、特殊な歴史を歩んで来た沖縄ならではのこと。でもここまで来ればこれは立派に沖縄のお菓子ということでいいのかもしれませんね。“アメリカ生まれ、沖縄育ちの味”はブルーシール・アイスクリームだけではないということです。
できればジミーに直接出向いていろいろ見てみるのが楽しいと思いますが、もし時間がなければ空港でも買えたはずです。
[PR]
by shibu-okinawa | 2009-07-07 10:47

寄り道しながらの散歩や、

よそ見しながらのドライブ(危ないですね)をしていると、少しだけツッコミたくなるような看板に出会うことが時々あります。沖縄で出会ったそんな看板の数々を気が向いたら少しずつアップしていこうと思っております。ネタがない時の穴埋め的に。

そんなわけで本日の看板。
c0162242_127172.jpg

ある食堂(居酒屋?)の看板。
『そ』…
入れ忘れたのは“ば”かな?
他の可能性はあるのかな?
そもそも入れ忘れってことあるのかな?
[PR]
by shibu-okinawa | 2009-07-03 12:07

ローズハミルトンという名のアイスクリーム

c0162242_11241768.jpg

沖縄でアイスクリームと言えばブルーシールが有名だけれど、こういうアイスクリームもあります。このアイスクリームが食べられる場所は、恩納村の仲泊にあるシーサイドドライブイン。このドライブインレストランは1972年の本土復帰前から営業している老舗。ローズハミルトンアイスクリームに関しては詳しいことはよくわからないのですが、このレストランと同じようにきっとそれなりに歴史のあるブランドなのでしょうね。自分が知っているのはここだけなのだけれど、他ではどこで食べれるのかな?
ブルーシールに比べると味は濃いめで結構甘いと思います。少し昔のアイスクリームというのかな、懐かしい味、とでも言えばよいのでしょうか。
この“選ばれたおいしさ”に興味のある方は是非、北部ドライブのついでにでもいかがでしょうか。
[PR]
by shibu-okinawa | 2009-07-02 11:25