OKINAWA

<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

丸長食堂

いままで沖縄で食べたゴーヤーチャンプルーの中でここのが一番美味しい。個人的はそう思ってます。でもゴーヤーの季節はまだ遠い。なので今回は、これはこれで何だか憎めないメニュー“焼そば”の紹介を。
自分はいつもケチャップ味にしてもらいます。沖縄の人はケチャップが大好き。郷に入りては郷に従えです。肝心な麺は沖縄そばの麺ではなく、かといっていわゆる焼そばの麺でもない。どちらかというとスパゲティーぽい(笑)ケチャップ味だし…何も言われないで出されたらおそらくこれを焼そばと認識できる人は少ないのでないでしょうか。具はコンビーフハッシュに青菜(オキナワっぽいですねぇ)。こうなってくると不思議の国のナポリタンという感じ。それから、焼そばを頼んだのだから当然焼そばだけが出てくるものと思っていると裏切られます。焼そばを頼んだのになぜだかそれと同じ量のライスが付いてきます…。それにみそ汁とバター(マーガリン?)と漬け物まで付いてきて500円。見た目以上にかなりのボリューム。
c0162242_120475.jpg

そしてこの組み合わせにおいて、このライスの立ち位置に最初はかなり戸惑ったものでした。気分的にも当然最初は焼そば中心に食べ始めるのだけれど、いつの間にか焼そばをおかずにして米を食べている…。しかも、後半はもはやこれが焼そばという名前の食べ物だったということも忘れているという(笑)
なんだかこういうのが良いんだよなぁ、オキナワって。
……と??が多くて大好きです。

そうだそうだ!この食堂はコザ十字路の近くにあります。
[PR]
by shibu-okinawa | 2010-03-18 12:00

看板

わざわざこんな看板を掲げなければならないなんて…
c0162242_12342278.jpg

なんだか寂しいですよね。
[PR]
by shibu-okinawa | 2010-03-16 12:34

ちょっと珍しいかも

c0162242_17503075.jpg

“生イラブーそば”です。
本島宜野湾市の愛知に生イラブーの出汁を使った美味しい宮古そばを食べさせてくれるお店があります。イラブーとはウミヘビ。ハブの30倍の強力な毒をもつ生物らしい!あのコブラの毒より強力らしい!!捕獲も命がけ?
本来はおとなしい動物のようで、人を噛むようなことはほとんどないそうですが…。市場とかでは真っ黒に薫製されたイラブーが吊るされて売られていたりしますが、ここの出汁には薫製のものではなく生イラブーが使われているというのが秀逸。生のものは癖がないらしいです。だから美味しいのですね。
琉球王朝時代より食されてきたこの食材は身体にもかなり良いと聞きます。強力な滋養強壮・若返り・回春効果、それになんとなんと歯痛まで治ってしまうと!!!でも確かに食べた後は身体もポカポカしてきて何かに効いていそうな気がしてきます(笑)
カラダによいからという理由からではなく、ただ美味しいから食べに行く。でいつの間にか身体まで健康になっている。これぞ沖縄の食の素晴らしさ。
そうそう、お店の名前は『くろしお』です。
[PR]
by shibu-okinawa | 2010-03-10 17:50

Aサイン

c0162242_19153622.jpg

米軍人や軍属の衛生面を守るために1953年から米軍が施行した制度で、厳しい衛生基準をクリアした店のみが持つ事ができた飲食関係の営業許可書のこと。清潔で安全な店。これを持っていれば米兵を相手に商売ができたわけです。ちなみに“A”はAPPROVED(許可済)の頭文字。この許可書を得るにはかなり厳しい審査に通らなければならなかったとか。
この写真のは青色なのでバーやクラブに対する許可書です。レストランは赤、加工食品は黒、などいくつか種類があったようです。ちょっと隠れてしまっていますが“WELCOME MILITARY PERSONNEL”と書かれています。
Aサインは本土復帰直前の1972年4月15日に廃止されていますが、今でも那覇や基地を抱える町(コザとか金武町とか当時の社交街)の飲食店などにはこのサインが残っていたりします。
『Aサインデイズ』というベトナム戦争時の沖縄を舞台にした映画があるので、それを観ると当時のAサインな雰囲気の一端なども感じる事ができるのかもしれないですね。個人的には沖縄を舞台にしたものの中ではかなり好きな映画。
若かりし日の川平慈英さんもかなりGOODです。

そう言えば、このブログの更新は久しぶりですよねぇ。も少しがんばります。
[PR]
by shibu-okinawa | 2010-03-03 19:15